食道がんの症状・治療法・原因に関する知識

食道がんの症状や治療法,生存率,発症の原因などに関する総合的な基礎知識。


食道がんの位置。消化器の中でも強い膜が無いため進行が速い。また手術が難しい。そして転移もしやすい:

食道がん|がんの種類について|がん研究会
http://www.jfcr.or.jp/cancer/type/eso...

  • 食道がんの治療法には、内視鏡治療、外科手術、放射線治療、化学療法、緩和治療があります。それぞれを組み合わせることで効果が高まることが示されています。


食道がん
http://www.saitama-med.ac.jp/kawagoe/...

  • 食道がんは悪性度が高く早期に転移を起こすため、手術のみならず放射線、抗がん剤を含めた集学的治療が必要になる場合があります。


食道癌の治療について
http://www.chiba-saiseikai.com/closeu...

  • 食道は、消化管の一部で、咽頭と胃の間をつなぐ


食道がんのステージ・病気の進み方・悪化の仕方
http://www.gan-info.com/312.6.html

  • 食道には他の消化管にある漿膜(しょうまく)と呼ばれる丈夫な膜が存在しませんので、進行が早く早い段階で周囲の組織や臓器へ転移をします。
  • 食道は肺・心臓や身体の中心を通る太い血管やリンパ節がひしめき合っている場所に位置するため、近くの臓器や組織だけでなく、脳や骨といった遠くの臓器や組織にまで遠隔転移することもあります。
  • 遠隔転移をしている場合は、外科手術による治療が難しくなります。


食道癌のホームページ
http://www.hyo-med.ac.jp/department/s...

  • 食道の手術は、消化器外科の内でも、最大級の手術に属します。一般的には、合併症も小さいものを含めると約50%に存在すると言われている難しい手術です。胃癌、大腸がんと異なり、手術による死亡率(手術関連死、術後1ヶ月以内の死亡)が高いことが知られています。

抗がん剤による治療法について。まだ抗癌剤の投与だけで治療できる段階ではない。しかし放射線も抗がん剤も効果は確かにある。そして手術がすぐにできないほど進行している場合に放射線治療になる:

食道がん | がんの知識 | 愛知県がんセンター中央病院
http://www.pref.aichi.jp/cancer-cente...

  • 抗がん剤治療は薬を用いてがん細胞を殺す治療です。現在食道がんに最も多く使われている抗がん剤は、シスプラチンと5−フルオロウラシルという名前の薬の2種類で、これを組み合わせて使います。
  • 治療は点滴で4〜5日間かけて行なわれ、効果があれば3〜4週毎に2回以上繰り返します。
  • まだ抗がん剤だけでがんが治るという段階には来ていません。


食道がんの抗がん剤
http://www.anticancer-drug.net/catego...

  • 抗がん剤 現在では、シスプラチンとフルオロウラシル(5-FU)の2剤を組み合わせたPF療法が最も広く用いられており、がんが消失する例もみられます。これらを点滴で4〜5日間投与し、効果があるようなら、3〜4週間のサイクルで繰り返します。


第2回 食道がんの現状と展望|クローズアップ|ハロードクター
http://closeup.hellodoctor.jp/e1573.html

  • 食道がんは、抗がん剤と放射線にかなり反応がいいのです。放射線治療ではまれにがんがゼロになることがあります。胃がん、大腸がんで放射線で治したというのはあまり一般的ではありません。 しかし食道がんは放射線で治った人がかなりいるのです。治ることはあるのです。ただ、その確率が悪いだけです。
  • 進行癌では1カ月置くとかなり進行してしまいます。できるだけ早く


食道がん(外科)
http://www.onh.go.jp/seisaku/cancer/k...

  • 食道癌が気管や大動脈へ直接浸潤しておりすぐには手術で取り去ることが難しい場合には、放射線と抗癌剤(化学療法)を組み合わせた治療を行います。治療に要する期間は4-6週間くらいとなります。その後は、手術を行う方と抗癌剤で維持療法を行う方に分かれます。

食道がんの発症の原因。のどに熱いものを飲む習慣があったり,タバコや飲酒の習慣がある人。とくに,アルコールに弱いのにお酒を飲んでいる人:

食道がん ― 進行しやすい、転移しやすい、再発しやすい
http://www.myclinic.ne.jp/imobile/con...

  • 口から入ってきた刺激物や異物に繰り返しさらされ、細胞分裂が著しく、そのため細胞の異変もおこりやすくなります。異変が起きても自然修復が追いつかなくなり、異変が積み重なりがん細胞ができます。健康であれば免疫の力でがん細胞は排除されますが、排除が追いつかなくなるとがん細胞が活発に細胞分裂しはじめます。
  • 原因:喫煙、大量の飲酒、刺激的な食べ物(熱い飲食物、焦げた食べ物)などの危険因子に長期間さらされること。 発がんしやすい人:若いころから喫煙、毎日大量に飲酒(アルコール分解力が弱く、飲酒で顔が赤くなる人)、肥満、野菜不足


食道がん・がん治療
http://www.kenko-msnet.jp/bui-shokudo...

  • 統計学的には食道がん患者には喫煙や飲酒の習慣が長い人が多いことがわかっています。またかゆなど熱い飲食物を摂取する習慣のある地方でも食道がんは高い発症率を示しています。    
  • 近年の研究では,アルコールが第一段階で分解された後にできるアセトアルデヒトにより,がんを引き起こす可能性が高いということが報告されています。  
  • 日本人などモンゴロイド系人種にはこのアセトアルデヒトを分解する酵素が弱い人が多く,これは遺伝子の変異によるもので,欧米人には見られません。    この変異のある人はアルコー摂取により食道がんを発症しやすく,研究データによれば変異のある人は毎日1.5合以下の酒の摂取でも,変異のない人の6倍,1.5〜3合の摂取では60倍,3合以上の摂取では90倍以上の発症率を示しています。  
  • 日本人の約40%の人はこの遺伝子変異によるアセトアルデヒト分解酵素のはたらきが悪い人です。 酒を飲むとすぐに赤くなったり,気分の悪くなる人はアセトアルデヒト分解酵素の弱い人なので予防の見地からアルコール摂取量は控えたほうがよい


福島原発吉田所長が食道がんと発表されました。 放射能が原因で食道がんにはならな...
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/...

  • 潜伏期間が5〜10年とものすごく長い潜伏期間がである食道がん

食道がんの重さ。他のガンと比べると手術が難しく,転移もしやすく,自覚症状が出た時にはもう手遅れである場合も多い:

食道癌ステージと生存率・余命 【がん相談無料−鈴木医院】
http://www.ksiin.jp/esophagus5.html

  • 手術ができた場合の早期食道がん0期の手術後でも70−80%足らず、1期では50−60、2期では30−50%、3期ではわずか30%以下にしか過ぎないのが食道癌なのです。 しかも食道癌の手術は難易度が高いため手術による死亡が数%−10%と多いことから、食道癌の手術には大きなリスクが伴うことをご理解いただけると思います。 手術ができない進行がんの場合にはさらに厳しく、生存期間中央値は4期の場合1年にも満たないのです。


大研究シリーズ 部位別がんの始まりと終わり 「助かるがん」「助からないがん」「再発と転移」|カラダStyle for MEN|現代ビジネス
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/1...

  • 症状としては、食べ物を飲み込むときにしみる、食べ物がつかえる、咳が出る、声がかすれるなど。ひどくなると呼吸困難、背中などの痛みが出ることもある。「ただし」と注意を促すのは、都立駒込病院・食道外科部長の出江いずみ洋介医師だ。 「症状が出たときには、もう『遅い』というケースもあります。食道がんは治療が難しい『タチ』の悪いがんのひとつなのです」


桑田佳祐の病気“食道がん” 生存率は25%程度
http://tamayuranote.blog2.fc2.com/blo...

  • 食道がんは食べ物がつかえて 食事が困難になるなどの 自覚症状が出るころには すでに手遅れなことが多いそうです。 げっぷが出るという理由だけで ドックに入った桑田佳祐の判断が 彼の歌手生命を救ったことになりそうです。


食道がんの予後と5年生存率〜医学的な病状の見通し〜
http://www.gan-info.com/312.8.html

  • 食道がんは胃がんや大腸がんなど、他の消化器系のがんの中で最も治療後(手術後)の予後が悪いがんとされています。 なぜなら食道は他の臓器と違って、漿膜(しょうまく:外側の丈夫な膜)がないため、他の臓器に浸潤(広がる)しやすいためです。


初期症状はのどがしみる感じ。進行するとのどがつかえる感じ。声がかれてせきが出てくる:

食道がん 基礎知識:[がん情報サービス]
http://ganjoho.jp/public/cancer/esoph...

  • 食物がつかえるような感覚 がんがさらに大きくなると、食道の内側が狭くなり、食べ物がつかえて気が付くことになります。
  • 特に丸のみしがちな食物(硬い肉、すしなど)を食べたとき、あるいはよくかまずに食べたときに突然生ずることが多い症状です。
  • このような状態になっても軟らかいものは食べられるので、食事は続けられます。
  • がんがさらに大きくなると、食道をふさいで水も通らなくなり、唾液も飲み込めずにもどすようになります。
  • 体重減少 一般に進行したがんでよくみられる症状ですが、食べ物がつかえると食事量が減り、低栄養となり体重が減少します。
  • 周りの肺や背骨、大動脈を圧迫するようになると、胸の奥や背中に痛みを感じるようになります。これらの症状は、肺や心臓などの病気でもみられますが、肺や心臓の検査だけでなく、食道も検査してもらうよう医師に相談してください。
  • 食道がんがかなり進行して気管、気管支、肺へ及ぶと、むせるような咳(特に飲食物を摂取するとき)が出たり、血の混じった痰(たん)が出たりするようになります。


食道がんの初期症状と進行具合 [癌(がん)] All About
http://allabout.co.jp/gm/gc/302532/

  • 初期症状から少し進行すると、食道の内側に向かって腫瘍が盛り上がったり、食道の壁が固くなったりするので、食べたものが通りづらくなります。具体的には、食べ物が喉元や胸のあたりで詰まるような違和感が出てきます。
  • 食道がんの「詰まる感じ」は、再現性があることが特徴です。普段は違和感がないが、たまに詰まる感じがする程度なら通常は心配ありません。
  • 「液体は通るが、固形物が詰まる」「これぐらいの量のご飯を食べると、毎回必ず詰まる感じになる」など、毎回同じ症状がある場合
  • 声がれや咳・血痰にも要注意 症状がもう少し進むと声を出す神経が影響を受けるため、声がかれたり、かすれたりする場合があります。
  • 食道にできた腫瘍が隣接する臓器である肺や気管支へと浸潤することで、咳や血の混じった痰が出てくることも。


【食道がん】 - 早期の癌と進行癌|内科
http://www.bk-webclinic.com/kg/nai/sh...

  • 進行がん 進行がんでは食道がんと違い、つかえ感を訴えることが多くなります。中には全く症状のない人もいますが、食べ物が通過する時に痛いという人もいます。


診断や治療に関するガイドライン:

日本食道学会 | 食道癌診断・治療ガイドライン
http://www.esophagus.jp/esophagus_gui...

  • 食道癌診断・治療ガイドライン 2012年4月版