読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食道の末期がんは気道がせまく呼吸困難で,血液に乗り肝臓への転移もある

食道が狭くなると,呼吸がしづらくなる。

酸素を吸ったり,二酸化炭素をはいたりしづらくなる。

肺に転移することもある。

そういう場合,酸素吸入器をつけて対処する。

食道がんにおける呼吸困難が起きたときの対処方法 - 食道癌(ガン)を完治するために
http://cancer.life777style.com/esopha...

  • 食道がんの場合は、気管や気管支に浸潤することが多く、 そうするとそれらに狭窄が起きて、 十分に呼吸をすることができなくなることがあります。


食道がんの症状と治療法
http://tumor-marker.com/symptom/esoph...

  • 食事をするたびに起こるむせは、咳や呼吸困難を誘発し、食欲不振をひどくさせ、体重も減少してきます。さらに、がんが大きくなり、食道周囲の気管、肺や脊椎、大動脈を圧迫し始めると、胸の奥や背中に痛みが生じます。気管を圧迫した場合には咳や血痰


岩手医科大学 腫瘍センター|治療内容・成績|食道がん
http://www.iwate-med.ac.jp/hospital/g...

  • IV期では、がんによる痛みや呼吸困難などさまざまな症状を認めることが多く、これらの症状を緩和するための治療が重要となります。症状緩和の治療技術の進歩により、多くの症状を軽減することが可能になってきています。


進行した食道がんの症状
http://healthlife.xrea.jp/shokudogan/...

  • 気管支や肺に広がった場合は、咳(せき)、声のかすれ、呼吸困難などの症状が出る


末期食道癌の治療法 - 癌掲示板
http://www.gankeijiban.com/bbs/030sho...

  • 食道癌から肺への転移でした。医者が言うには,酸素を吸っても,二酸化炭素を出す力がないから,体に二酸化炭素が溜まってしまい,呼吸困難


食道がんは,血液に乗って肝臓などに転移しやすい。

これを血行性転移と呼ぶ。

食道がんの転移とは?食道がん転移と再発について(ガン・癌)〜高齢者の生活習慣病
http://www.saechika.net/kbk/main1/gan...

  • 食道がんの転移の経緯は、がん細胞が血管に入り込んで、血液にのって、肝臓、肺、骨、副腎(ふくじん)、脳、などに転移する「血行転移」と、リンパ管内に入り込んでリンパ節に転移する「リンパ節転移」があります。


食道がん | がんの知識 | 愛知県がんセンター中央病院
http://www.pref.aichi.jp/cancer-cente...

  • がんはこのような段階からさらに進展し、食道壁を貫き、ついには気管、大動脈、肺、心臓といった周囲の臓器に直接食い込んで行きます(これを臓器浸潤といいます)。  このような局所の進行とは別に、がん細胞はリンパ管や血管に入り込み、食道以外の場所に定着し、新たに増え始めることがあります。この現象が「転移」です。リンパ液の流れに乗ってリンパ節にたどり着き増殖した結果、リンパ節が腫れてくるのがリンパ節転移です。また血液によって運ばれたがん細胞が肺、肝臓、骨などの臓器で発育するのが臓器転移(細胞の運ばれ方から血行性転移ともいいます)


食道がん 転移・再発:[がん情報サービス]
http://ganjoho.jp/public/cancer/esoph...

  • 肺や肝臓への転移は、大きくなるまではっきりした症状はあらわれません。しかし、体重が減る、食欲が落ちる、疲れやすくなるといった症状が出ることがあります。肺の転移が大きくなると、胸の壁を押して咳(せき)が出たり、胸の痛みを感じたりします。肝臓の転移が大きくなると、腹部が張って重苦しく感じます。骨への転移は、痛みを感じます。


医者は説明するときに,絶望的に断定するような伝え方はせず,かすかな希望を残す。

ただし家族には真実を伝える。そうしないとあとから訴訟などの問題になることがあるから。

末期がん患者や家族に医者が何をどう伝えるのか | はじめてガン保険
http://www.paci-gan.com/ganni/1507/

  • あくまで希望や一縷の望みを残しておけるように上手く伝えます。ただし、患者さんのご家族には100%正しい情報を伝えます。家族にまで嘘を付いていると、後々訴訟問題などに発展しかねないからです


【末期がん 医師はなぜ、こういう説明の仕方なのか?】 先進医療の医師は、もう治...
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/...

  • 医師は、もう治療できない患者に「数値はいいですが、全身状態が悪いです。 余命は個人差があるから…」と、よくこういう説明をします