読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

油・脂肪の取りすぎで胆汁が固まり「胆石=胆のう結石」にならぬよう,揚げ物を控えるべし

油を取りすぎると,胆石になる。

下記では,胆石の仕組みと予防法を知っておこう。

胆石の起こる仕組み

食べた油を分解するために,胆のうから胆汁という液が出る。

この胆汁が固まってしまうと,結石つまり石になって,ものすごい痛みを生じる。

これが胆石だ。

石井病院 - 医療法人社団 仁恵会 - / 胆石外来のご案内 /
http://www.jinkeikai-group.or.jp/jink...

  • 胆石とは
    • 脂肪分の消化を助けるために肝臓で生成された胆汁が溶けきれず、石のように固まったもの
  • 食生活の欧米化により、日本人成人の10人に1人は胆石を持っている
    • 特に高齢者(70歳以上)では、5人に1人になるほど発症率は増加し、やや女性が多い傾向です。


胆石症 | フェニックス メディカル クリニック
http://www.phoenix.gr.jp/topics/11

  • 胆石はコレステロ−ル結石が多い。
  • 太った40代の多産の女性に多い。。
  • 暴飲暴食や過食をさけること、脂肪食(天ぷら、とんかつ、からあげ、うなぎなど)を制限すること、規則正しい食事をすること


胆石の予防・治療について
http://www.health-info.jp/medical/dis...

  • 胆汁の流れ道に発生した固形物を胆石といいます。
    • 日本人の5〜7%に胆石がある
    • 胆石は女性に多く、男性の約1.6倍
    • 肥満の人に多く、高脂血症や糖尿病の人にも胆石が多く見られます。
  • 胆石の種類で一番多いのは、コレステロール石で約70%
    • 胆石ができている人は、油ものをひかえる必要があります。
    • 油ものを食べると胆嚢が強く収縮
    • 最近の日本人に胆石が増加しているのは脂肪摂取量が増加し、食物繊維の摂取量が減少しているため

胆石の予防のために,食生活を調整する

胆石を予防するためにできることは,油・脂肪を取らないこと。

天ぷら・からあげなどの揚げ物,焼き肉などを控えるのだ。


とはいえ,ある程度の油・油脂分は,健康な免疫を保つために必要。

完全に油を絶つべきではない。

胆石症〜脂っこいものを食べた後に痛みが生じることが多い | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉:日経BPオールジャンルまとめ読みサイト
http://www.nikkeibp.co.jp/article/col...

  • 天ぷらや焼肉など、脂っこいものを食べた後に発作が起こることがよくみられます。
  • 発熱や黄疸(おうだん)を伴うときは、胆のう炎や胆管炎を合併していることがあり、早急な治療が必要です


胆石症 外科
http://www.murayama-hosp.jp/surgery/t...

  • 油ものを食べるとお腹や背中が痛くなる、そんな症状が出たら受診をおすすめします。
  • 胆石発作は再発の確率が高い
  • 胆管結石は胆管炎や膵炎、黄疸、肝障害などを起こすことがあり、なかには命にかかわることもあるので早急な治療を要します。


胆石のひとの油の摂取量(家庭料理) : 心や体の悩み : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/1...

  • 油類を全くとらないのは無理だし、健康にも悪いです。 油類摂取は必要です。
  • あまりに油を制限すると、免疫が下がり風邪をひきやすくなる」とか「油を取らないと、血管ももろくなる」
    • でも、取りすぎると発作が起きる可能性が高い。
  • それで、10年以上続けているのは、「揚げ物を食べない」です。
    • コロモを取って食べるではなく、食べない。


食物繊維で腸内の環境を良くして,腸に圧力がかからないようにしておくことも良い予防法になる。

また,胆汁の働きを助けるビタミンCやEを取るために,野菜・果物の摂取を心がけよう。

胆石のときの食事 -【胆石ガイド】
http://www.tanseki-guide.com/tanseki-...

  • 食事を噛むときはゆっくりとよく噛みましょう。
    • 早食いすると、どうしても食べ過ぎ傾向になり、コレステロールや脂肪分を多く摂取しがち
  • 脂肪を多く摂るということは, 疝痛発作の原因になります。
    • 脂肪を分解して消化させるのに、胆嚢からは胆汁が多量に分泌されます。
    • このときの胆嚢の収縮によって疝痛発作は起こります。
  • これを防ぐには、脂肪が多く含まれている食事をしないこと。
  • 腸の内圧が疝痛発作の原因となることもあります
    • 十分な食物繊維を摂るようにしましょう。
  • ビタミンCとEは、胆汁酸の排泄を増加する働き
    • 胆石ができるのを予防する作用もあるため、ビタミンCとEの入った野菜類や果物などを取るように心がけましょう。

胆石の症状がひどくなったら・・・

胆石がひどくなると,のたうち回るほどの痛みで,本当に何も食べられなくなる。

そうなる前に,油ものを制限して,胆石を回避しよう。

胆石の症状ですか?.2年ほど前から、油ものに ...
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/...

  • 胆石は、ひどくなってきたらあぶらものだけでなく、お粥やお茶漬けなどでも発作を起こすようになると医師は言っていました。
  • のたうちまわる程の痛みが起きてからでは本当に遅いので、病院行ってみてください


いよいよ症状がひどい場合,胆のうを手術で取ってしまう。


胆のうを切除することで,人体に大きな不具合はない。

ただし,胆臓がつくった胆汁を貯めておく場所がなくなるので,

油ものを食べたときに胆汁による分解が追い付かずに下痢しやすくなる。


手術しないで,胆石もなく健康のままで済むなら,それが一番良い。

胆嚢の働き
http://www.tmg.gr.jp/hokensinpou/0402...

  • 胆嚢は肝臓の下に張り付くようにある袋状の臓器で,胆臓で作られた胆汁を蓄える働き
    • 胆汁の流れがせき止められると、体が黄色くなる黄疸になります。
  • 日本人の10人に1人は胆石を持っています。
    • 結石には色々な種類がり、コレステロールを主成分にするものや、ピリルピンを主成分にするもの、それらが混合するもの、カルシウムの沈着を伴うものなどさまざま
  • 胆嚢も1つの臓器ですから、手術で取らずにすむのであればそれにこしたことはありません
    • が、これがなくなっても胆汁は胆臓で作られていますので、胆汁の分泌には大きな問題はありません。  
    • つまり貯蔵庫がなくなって、生産地からの産地直送になる
  • もちろん油物を食べ過ぎた時など胆汁の分泌が追いつかなくて下痢をすることなどは起こりえます。