読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セロトニン不足時の症状は,不安・イライラ・攻撃的。理由はノルアドレナリンとドーパミンのバランスを保てなくなるから

健康 お薬 ストレス うつ病 ダイエット

セロトニンが足りないと,イライラ・攻撃的になる件のまとめ。

まずストレスや生活習慣が悪いと,セロトニンが不足する。

そしてセロトニンが不足すると,ノルアドレナリンが強くなりすぎる。

そのため,攻撃性が増してイライラしたり,
衝動がコントロールできなくなったり,
過食などの依存症に陥りやすくなる。

大原薬品工業:「けんこう名探偵」- ワン太郎が教える「健康のヒミツ」vol.1(1)-
http://www.ohara-ch.co.jp/meitantei/v...

  • 人間関係や仕事、子育ての悩みなどの精神的ストレスが続くと、セロトニンが減少して働きが悪くなる
    • 目覚めが悪くなったり、キレやすくなったり、自律神経のバランスも悪くなるので, 全身にさまざまな不調がでる。
  • ノルアドレナリン:ストレスに勝とうとして意欲を出す。心拍数を上げて活動しやすくする。
    • 過剰になると攻撃的になったり、ヒステリーを起こしたり、パニックになったりする。
  • ドーパミン:喜びや快楽をもたらす。
    • 過剰になると過食・アルコール依存。
  • セロトニンは,上記の2つをバランスよくコントロールする。


セロトニンの効果と作用
http://www.human-sb.com/serotonin/eff...

  • セロトニンは、快感と報酬を司る神経伝達物質『ドーパミン』による過度の衝動的な欲求を抑制し、食欲や性欲も抑制します。
    • セロトニンには食べ過ぎを抑えたり、ギャンブルやアルコールなどへの依存を抑制する効果があります。
  • セロトニンが正常に分泌されることで、健全な精神を保てる
  • セロトニンが欠乏すると、衝動を抑えることが難しくなり、食べ過ぎて肥満になったり、パチンコやギャンブル、アルコールやタバコなどの依存症に陥りやすくなる。
    • セロトニンが欠乏すると、ノルアドレナリンの作用が強まり、キレやすくなったり、攻撃的な性格になりやすいと考えられます。


PMSのときに感情をコントロールして彼氏と別れない8つの方法
http://kimeyaka-blog.com/premenstrual...

  • セロトニンは, ノルアドレナリンやドーパミンなどのほかの神経伝達物質と並び、ココロをコントロールしています。
    • 特に, ココロの不安や攻撃性を抑える働きがある伝達物質です。
  • 女性の場合,生理前はセロトニンの分泌が低下

セロトニン不足は,犯罪者に多いそうだ。

ノルアドレナリンが多く,衝動を抑えられなくなるため。

攻撃性を科学的に考える【しつけ・行動・マナー 】|ペットライフ|獣医師や動物看護師が贈るペットコラム
http://www.petjpr.com/column/news-bin...

  • 犯罪者の特徴として「セロトニン」という脳内ホルモンの分泌が低く、「ノルアドレナリン」という脳内ホルモンの分泌が高いということが証明された。
  • 脳内の「セロトニン」が低下すると, 強い攻撃行動が起こる。
  • 動物に2週間、低タンパク質・高炭水化物を与えると攻撃行動が少なくなり、逆に高タンパク食を与えると、攻撃行動がさらに増加したという実験結果があります。
    • 理由は,「低タンパク食を与えると, 脳内で幸福感や満足感と関連する“セロトニン”が増えやすくなるため, 攻撃性が低下する」から。
  • ダイエットにも繋がる可能性があります。脳内で「セロトニン」が増えると, 精神が安定するため満腹感を感じ、食べすぎを防止してくれる
    • 逆に、脳内の「セロトニン」が少ないと精神的に不安定となり、満腹感を感じず食べ過ぎてしまうのです。
  • 肉類や乳製品などに多く含まれる「トリプトファン」は脳内で「セロトニン」に“変身”してくれる
    • 「トリプトファン」を多く含んだ肉類を適量に食べた方が, 脳内で「セロトニン」が作られやすくなり、満腹感を感じることによって食べ過ぎを防止できる

またセロトニンが不足すると,精神が安定せず,
感情も不安定になる。

なぜかというと,喜びを感じる神経物質「ドーパミン」が
うまく働かなくなるからだ。

脳内麻薬でストレスを吹き飛ばせ!究極のセロトニンフード「11選」 | TABI LABO
http://tabi-labo.com/74040/stressfree...

  • 脳内で生成されるセロトニンは, 精神のバランスを安定させるホルモン
    • 不足すると攻撃的になったり眠れなくなったり、感情が不安定になりストレスを感じる


ストレスと脳内 - 適応障害 〜とても身近なストレス性疾患〜
http://tekioushougai.biz/definition/b...

  • 「ストレス」において、人の心にプラスに働きかけるのは、セロトニンとドーパミン
    • 一方、マイナス要素である「ノルアドレナリン」は、神経を過敏にし、人を攻撃的にする物質。
  • セロトニンとは、心を落ち着け、平和や平常心をもたらす物質です。
    • ノルアドレナリンを多く分泌させないようにすることで、攻撃的・衝動的な感情から自分を解放させ、更に、セロトニンやドーパミンの分泌を促すことで、プラス思考や楽観主義になることができます。

このように,セロトニンは
「落ち着き」「心の平和」「感情の安定」に不可欠。

ノルアドレナリンによる衝動の高まりや,
ドーパミンによる喜びの増加などを
バランスよくコントロールしてくれる。


では,どうすればセロトニンを増やせるか?

ひとつの方法は,ちゃんとご飯を食べること。

適量の肉を食べると,必須アミノ酸である「トリプトファン」が摂取され,それが体内でセロトニンに変わる。

神経伝達物質セロトニンは衝動的行動に関係、英研究報告 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
http://www.afpbb.com/articles/-/2402217

  • 脳内セロトニン濃度は,空腹時に低下する。
  • セロトニンを生成するために必要な必須アミノ酸の1つ「トリプトファン(tryptophan)」は体内合成が不可能で、食物からしか摂取するしかない

なお,セロトニンが少ないのはだめだが,多すぎてもダメ。

「セロトニン症候群」になったり,
攻撃性をむしろ増やしてしまう場合もある。

これは抗うつ薬の投与の仕方がまずい場合に起きる。

セロトニン神経系 - 脳科学辞典
http://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E3%82%BB...

  • 従来は,セロトニンが攻撃性を抑制することが定説となっていた。
    • しかし、セロトニンが攻撃性に及ぼす影響は、用いられる動物にも依存し、促進的に働く場合もある
    • ヒトでも, SSRIが攻撃性に対して抑制的、促進的、どちらにも働き得ることが報告されている


セロトニン-脳を活性化する方法〜DHA・EPAなど
http://www.hamptonhistory.org/brain-s...

  • セロトニンですが、脳内で神経伝達物質として働いているセロトニンは全セロトニンの2%程度です。
    • セロトニンのほとんどは、消化管の運動を調節(90%)の働き
  • セロトニンが不足すると, うつ病や不安症になる一方で衝動的、攻撃的になる。 睡眠障害になる一方で食欲や性欲が増す。
    • 逆にセロトニンが増えすぎると, セロトニン過剰症候群(高熱・痙攣・錯乱)


セロトニン症候群
http://www.human-sb.com/serotonin/ser...

  • セロトニン症候群とは,脳内のセロトニン濃度が高すぎる事によって引き起こされる症状の総称
    • 主にうつ病の治療薬であるSSRIの多量摂取、またその他の薬との併用時の副作用として発症


抗うつ薬の重大な副作用の一つセロトニン症候群とは何か: 仮面うつ病の治療方法!身体症状25項目、精神症状11項目でまずはチェック!
http://www.仮面うつ病.com/article/31895504...

  • セロトニン症候群は, 服薬開始後の数時間以内に 何らかの症状が表れることが多いと言われています。


「ノルアドレナリンが増えすぎる」可能性として,
リフレックス・レメロンなどNaSSaの過剰が挙げられる。

NaSSaは「やる気」を出すために,セロトニンと共にノルアドレナリンを増やす。

服用量や飲み合わせに注意しよう。

リフレックスの副作用でイライラ・攻撃性が増す可能性はありうる(ノルアドレナリンが原因)が,基本は抗うつ効果が高く,眠気をもよおす良薬
http://seikatsu-kurashi.hatenablog.jp/entry/20150417/p2

  • リフレックスは,本来は「やる気」を出す薬。 そのやる気とともに,ノルアドレナリンが活発になる。 これは,怒りのホルモンとも呼ばれる。
  • ノルアドレナリンが原因で,怒りやイライラ感が出てしまう(こともありうる)のだ。


パキシル等SSRIやサインバルタ等SNRIに,NaSSaのリフレックスを併用する「カリフォルニア・ロケット」はセロトニン増加の効果大。副作用で躁転に注意
http://seikatsu-kurashi.hatenablog.jp/entry/20150420/p1

  • NaSSAでセロトニン・ノルアドレナリン遊離量を増加させる