読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

抗うつ薬は水以外に,お茶・麦茶で飲んでも問題なし。牛乳・カフェイン・アルコールはNG

お薬 うつ病

抗うつ剤や睡眠薬などの薬を飲む場合,牛乳とかアルコールで薬を飲むのはナンセンス。

牛乳もアルコールも,薬を妨げたり,異常な効果を生む

牛乳で飲むと,薬が腸ではなく胃で吸収されてしまう。

アルコールで飲むと,薬の効き目が強くなりすぎて,記憶障害などの問題が起きる。

保存版!薬と食べ物のNG組み合わせ
http://matome.naver.jp/odai/213436327...

  • ハルシオンなどの睡眠薬とアルコールが体内で混ざると、薬効が強くなり、 記憶障害などの副作用を起こす


薬と食べ物−TOP
http://www.mimizuku.co.jp/topics/topi...

  • 薬剤を牛乳と一緒に飲んでしまうと、胃の中が中性からアルカリ性の状態になっているので、薬剤が胃の中で溶けてしまい、腸に十分薬剤が届かず、作用が弱まる上に、胃で溶ける予定でない薬剤が溶けてしまう事により、胃が荒れてしまったりします。


要注意!知らないと怖い薬と食べ物の危険な14の組み合わせ | 美プラス〜美容・健康情報サイト
http://bi-plus.net/kenkou/dangerous-c...

  • 抗うつ薬として知られるMAO阻害薬は、アボカドを大量に食べるとチラミンという成分が悪さをし、頭痛や血圧が上昇することがあります。


抗うつ剤と飲み合わせについて - メンタルヘルス - 教えて!goo
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1668653.html

  • パキシルは他の精神科系の薬剤や偏頭痛の薬、不整脈の薬・心臓の薬などとのみ合わせがあります


薬と食べ物の危険な組み合わせ!納豆やアボカド牛乳も!
http://madao-lifehack.com/WP/medicine...

  • 薬は水で服用すること。水なしで飲むのもダメです。 そして、コーヒー、紅茶、緑茶、アルコール、カルシウムを多く含む食品、グレープフルーツや、そのジュース、コーラなどの炭酸飲料とは、一緒に摂取しないこと。


【健百】水以外で薬を飲んだらどうなる? | あなたの健康百科
http://kenko100.jp/articles/120112001...

  • 水やぬるま湯の代わりにお茶、ジュース、牛乳、コーヒー、紅茶、ドリンク剤、アルコール飲料などで内服すると、薬によっては薬の吸収が遅くなったり速くなったり、薬の作用が強くなったり弱くなったりするのでやめましょう。

お茶で薬を飲んでもよいのか?

「お茶で薬を服用してはいけない」と言われていたのは昔の話。

今では,お茶を使って薬を飲んでも問題ないことが分かっている。

[Q&A] 薬の飲むのを忘れると 【OKWave】
http://okwave.jp/qa/q2750012.html

  • 昔はお茶で鉄剤を飲んではいけないと言われてましたが,間違いである事がわかりました.


服薬の豆知識
http://homepage3.nifty.com/carefree-k...

  • 以前は、鉄剤とお茶・コーヒーは一緒に飲むと効果が弱くなるので禁忌と言われていました。 その理由として、お茶やコーヒーにはタンニンという物質が含まれており、これが鉄と結合してタンニン酸となることで吸収が妨げられるというものでした。
  • しかし最近ではいろいろな研究が行われ結果、タンニンの影響はそれほど心配する必要はないとされています。


健康相談 : 薬を麦茶で飲んで大丈夫? |病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
http://www.health.ne.jp/doctor/119.html

  • 以前はお茶で飲むことはいけないと言われていましたが、近年では問題ないという方向にあるようです。 薬の種類によってはカフェインの入っている飲み物・牛乳・ジュースなど飲み合わせに注意しなければいけない物もあります

「水なし」で薬を飲むと,体内が傷つくのでNG

水分なしで飲んではいけない。胃やのどが傷つくから。

薬の飲み合わせ、お茶で飲んではダメ? [薬] All About
http://allabout.co.jp/gm/gc/303059/

  • 普通の緑茶やウーロン茶なら問題ありません。以前は、一部の薬の成分(鉄剤)がお茶のタンニンと反応してしまい、吸収されづらくなると言われてましたが、今は特に影響がないとされています。 しかし、水なしで薬をそのまま飲むことは絶対にやめてください!(※トローチ、舌下錠、チュアブル錠など、水なしで飲めるものは除きます)。
  • なぜ水と薬を一緒に飲むかというと、「薬を水で溶かして吸収を促す」という意味があるからなのです。そのため、薬によっては、水なしで飲むと溶けずにそのまま排泄されることがあります。 他には、薬がのど(食道)に引っかかったまま溶け出し、食道の炎症を起こして潰瘍になることもあります。粉薬を水なしで飲んで気管に入ってしまい、肺炎を引き起こしてしまった例もある