老齢基礎年金(国民年金・老齢年金)と,老齢厚生年金(厚生年金)の違い。後者は社会保険で2階建て

国民年金=老齢基礎年金(=「老齢年金」)。

厚生年金=老齢厚生年金。

老齢基礎年金と国民年金の違いは何ですか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/...

  • 国民年金は払うときの名称で、老齢基礎年金は受給するときの名称です。


老齢基礎年金と老齢厚生年金 - その他(年金) - 教えて!goo
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7442461.html

  • 老齢基礎年金は国民年金 老齢厚生年金は厚生年金 を払っていた型がもらえる年金


老齢基礎年金 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%80%8...

  • 一般的に「老齢年金」と呼ばれるものは正式には「老齢基礎年金」を指す


国民年金は,金額は毎月66000円。万学をもらうためには一定の条件がある。

もらう時期を繰り上げたり,繰り下げたりすると,金額が変わってくる。

老齢基礎年金|年金のしくみ(長期給付)|私学共済事業(共済業務)|私学事業団
http://www.shigakukyosai.jp/nenkin/ki...

  • 老齢基礎年金の年金額は、20歳に達した月から60歳に達した月の前月までの40年間保険料を納付した場合で、778,500円です。


老齢基礎年金の受給
http://tt110.net/09nenkin/I2-rourei-k...

  • 国民年金の加入者が受け取る年金は、「老齢基礎年金」と呼ばれています。 この年金は、保険料納付期間と免除期間の合計が25年以上であれば、65才から受け取ることができます
  • 平成22年度の老齢基礎年金は、満額で79万2,100円で、この金額は毎年4月に改定されます。 この満額を受け取れるのは、原則として20才〜60才まで40年間の加入期間がある人です。もし、保険料の未納や免除期間があった場合は、それに応じた年金額に減額されます。 老齢基礎年金を受給するためには、65才になった時点で「裁定請求書」を、必ず提出しなければなりません。


【年金・給付】国民年金(老齢基礎年金)受給の手続きについて知りたい。 | 相模原市
http://www.city.sagamihara.kanagawa.j...

  • 繰上げ受給をすると、手続きをした年齢に応じて一定の割合で減額された金額が生涯続きます。また、任意加入ができなくなるほか、障害基礎年金、寡婦年金等が請求できなくなることがあります。 繰り下げ受給をすると、手続きをした年齢に応じて一定の割合で増額された金額が生涯続きます。


年金について - 老齢基礎年金の受給要件・支給開始時期・計算方法 | 日本年金機構
https://www.nenkin.go.jp/n/www/servic...

  • 20歳から60歳になるまでの40年間の全期間保険料を納めた方は、65歳から満額の老齢基礎年金が支給されます。 保険料を全額免除された期間の年金額は1/2


厚生年金は,社会保険の一部。

サラリーマンなど働いている人が加入する年金制度。

国民年金に上乗せして加入する。

国民年金と厚生年金の比較(違い)
http://www.kokumin-nenkin.com/knowled...

  • 厚生年金は、社会保険の中の1つで、健康保険とセットになって加入します。 ですから、求人募集ページなどに「社会保険完備(アリ)」と書いてある会社であれば、その会社に勤めることで、厚生年金にも加入できます。 「国民年金よりも、厚生年金の方がいい(お得)」


厚生年金 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9...

  • 主として日本の民間企業の労働者が加入する公的年金制度


国民年金と厚生年金の違い
http://www.ne.jp/asahi/shin/fujieda/n...

  • 会社に雇われて働いている人(従業員)、もしくは雇っている人(経営者)のための年金保険制度。
  • ただ、これはあくまでも原則であって、必ずしも会社勤めをしているからと言って、その全てが厚生年金保険に加入しているとは限りません。 例えば、社会保険適用の届けをしていないような中小零細企業にお勤めの場合は、正社員としてフルに仕事をしていても厚生年金に加入することができず、国民年金第一号被保険者となってしまいます


厚生年金と国民年金と社会保険・・・・違いを教えてください。 - 質問・相談ならMSN相談箱
http://questionbox.jp.msn.com/qa45482...

  • 厚生年金は国民年金の上乗せ年金と言われたりします。
  • 現在は、20歳から60歳までの人は、何かしらの形で国民年金に加入しています。  その加入者(被保険者といいます)には3種類あって、大まかにいいますと  第1号被保険者・・・自営業者や学生等(勤め人じゃない人)  第2号被保険者・・・サラリーマン、公務員等(被用者年金に加入している人)  第3号被保険者・・・第2号被保険者の配偶者 となります。  
  • 被用者年金とは、サラリーマンや公務員が加入する年金制度の総称で、厚生年金とは、その中のサラリーマン用の年金制度のことです。つまり、サラリーマンは、会社に勤めている間は厚生年金の被保険者となり、同時に国民年金にも第2号被保険者として加入しているという扱いになります。


年金について - 老齢厚生年金の受給要件・支給開始時期・計算方法 | 日本年金機構
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service...

  • 老齢基礎年金に上乗せして老齢厚生年金が支給


年金用語集 - 老齢厚生年金 | 日本年金機構
https://www.nenkin.go.jp/n/www/yougo/...

  • 老齢基礎年金の受給資格期間を満たしたときに、65歳から老齢基礎年金に上乗せして受ける年金です。年金額は「平均標準報酬月額×支給乗率×加入月数」で計算されます。


国民年金と厚生年金は別の年金なので,もらうためには別個の請求手続きが必要:

年金について - 老齢基礎年金の受給権者が老齢厚生年金の受給権を有するに至ったとき | 日本年金機構
https://www.nenkin.go.jp/n/www/servic...

  • 老齢基礎年金の受給権者であるお客様が老齢厚生年金(特別支給の老齢厚生年金を含む)の受給権を得られた場合は老齢厚生年金の請求手続きが必要となります。


国民年金を1階建て,厚生年金を2階建てと呼ぶ。階が多いほうがたくさんの金額をもらえる。

厚生年金は,給料が多いほど保険料の支払い負担も多くなり,その分多くの年金を給付されることになる。

ただし,給料が62万円を超える場合はまとめて扱われるので,どこまでも厚生年金の額が増えるというわけではない。

厚生年金について教えてください。 厚生年金は給料によって天引きされる金額が変...
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/...

  • S61.4月から公的年金は一つにまとめられました。 一階は国民年金。二階は厚生年金や共済年金です。 貰える年金は国民年金の加入の人は1階部分だけですが、厚生年金など会社勤務の人は1階部分と2階部分の合計ですので、国民年金の2倍から3倍以上は貰えます。 勿論今まで掛けていた保険料が多い人はたくさん年金が貰えます。厚生年金は会社が半分負担しているので、その分も貰えるということで国民年金よりずっとお得です。


厚生年金は給料が低い人がお得な制度!? [年金] All About
http://allabout.co.jp/gm/gc/13465/

  • 平均給料が2.5倍高くなると、受け取る厚生年金額も2.5倍増えることになりますので、保険料が2.5倍で、受け取る厚生年金が2.5倍となり、これだけ見ると全く給料が高くても低くても不公平感はない


厚生年金 国民年金がまるわかり どうなってるの!年金保険料
http://think-nenkin.jp/movie/part_a5....

  • 給付の面から言えば、基礎年金と報酬比例部分の2階建てで給付されます。厚生年金の保険料は給料が少ないと保険料は低く、給料が高いと保険料が高くなりますが、基礎年金は給料の多い少ないにかかわらず定額(月額6.6万円)が支給されます。  
  • つまり、厚生年金は給料の高い人(保険料の多い人)が給料の低い人(保険料の少ない人)の給付を賄う仕組みをとっています。これを「所得再分配」といいます。そのため、比較的給料の低い(保険料の少ない)パートタイマーが厚生年金に加入することは、保険料の多い人にとっては負担が増えるという面もあります。


「給料が高いほど年金も多い」は間違い。 ファイナンシャルプランナーが贈る「マネー講座」
http://blog.blwisdom.com/nakamura/201...

  • 月収が200万円ある人も、標準報酬月額は62万円で計算されます。  そして、将来年金をもらうときの金額計算も、この「62万円」が使われます。  つまり、給料がすごい多いからといって、それに見合うだけの年金額が支給されるわけではないのです。  なぜなら、給料に見合う保険料も払っていないのですから。