自己愛性パーソナリティ障害(NPD)の症状と克服法。自分を「特別な人間」とみなし,普通のありのままを受け入れられない

「自己愛性パーソナリティ障害(NPD)」について。

これは,自分自身への見方のバランスを崩し,異常な誇大妄想や特別感を抱いた状態だ。

自己愛性パーソナリティ障害(NPD)の症状

自分は特別で,人から理解されず,すごい人間なんだ」と考えてしまう。

自尊心が高すぎて,しかし傷つきやすい。

その傷を補うために必死で,
いっそう「特別の人間になろう」と努力してしまう。

ありのままの「普通の自分」を受け入れて愛することができない。

どういう障害か:

自己愛性パーソナリティ障害 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%A...

  • Narcissistic personality disorder ; NPD)とは、ありのままの自分を愛することができず、「自分は優れていて素晴らしく特別で偉大な存在でなければならない」と思い込むパーソナリティ障害の一類型


市橋クリニック : 心の症状と解説 : 病気と治療方法
http://www.studio.co.jp/ichihashi/sym...

  • 特別な自分がいつも必要になります。
    • それは容姿や体型、経済力、学歴、一芸に秀でていること、ファションセンス、見栄えのよい職業、高価で希少な持ち物を持つことなど外的な価値(誰にでも分かる価値)で恐ろしい自己への不信を補おうとする心理構造を持っています。
    • 美容整形を繰り返す人もいまし、ボディビルで異常な筋肉を持とうとする人もいます。
    • あるいは誰も知らないような知識や技能を持つこと(オタク)で補おうとする人もいます。
    • 他人が自分をどう見ているのかが重要となる


市橋クリニック : 心の症状と解説
http://www.studio.co.jp/ichihashi/sym...

  • 自己愛性とは, 自分を好きになれない病理であるということができます。
    • 正常自己愛の発達障害が自己愛性パーソナリティ障害
    • 異常に傷つきやすい自尊心、他者を見下し、自分が見下されることを極端に怖れます。
  • 順風満帆にいっているときには問題が生じませんが、思い通りにならなくなると怒り、抑うつ、引きこもり、時には強迫症状を呈します。
  • 他人とはうまい人間関係を持つことができません
    • 人を思いやることが難しく、他罰的です。


自己愛性パーソナリティ障害(こころの病気のはなし/専門編)
http://www.heartclinic-yokohama.com/k...

  • 自分は特別な存在だ, という肥大した自己意識(誇大自己)を持つ事を特徴とするパーソナリティ障害です。
  • 「偉大な自分」にふさわしい華々しい成功を夢想したり、他人に対して過度に尊大な態度を取ったり、特別扱いを求めます
    • 相手の気持ちには無頓着になりがちです。


アスペルガー症候群と自己愛性人格障害の違いと対処法 | リバータリアン心理学研究所〜Libertarian Psychology〜
http://libpsy.com/asperger-narcist/917/

  • 自己愛性人格障害(自己愛性パーソナリティ障害:ナルシシズム)は、後天的なものです。
    • 育った環境により、自我が病的に肥大化してしまい、誇大自己・万能感・全能感を持つようになります。
    • そのため極めて現実検討能力の低く、精神病の手前の人格障害(パーソナリティ障害)


自己愛性人格障害の目的と行動理由、対策方法とは?
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/de...

  • 要するに最終的には何が何でも俺がスゲーから、お前を怒らせてダメにしてやる が自己愛の目的です。


自己愛性人格障害とはなにか
http://homepage1.nifty.com/eggs/narci...

  • 自分を愛するという行為は、健全な心の発達のためには必要なものです
    • が、それが病的に肥大化して, 自分に対する誇大感を持つようになると、それは自己愛人格障害と呼ばれる
    • 健全な人のように、ありのままの自分を愛することができないのです。
    • 御都合主義的な白昼夢に耽る。 自分のことにしか関心がない。 高慢で横柄な態度。 特別な人間であると思っている。 自分は特別な人間にしか理解されないと思っている。

この障害の治療法:

http://www.geocities.jp/yanbaru5555/j...

  • 1.治療の基本は、「直面化」をしながらの「育て直し」である。  
    • ACの治療のように, 厳しい直面化によって認知の修正をしながら、徹底したサポートで「あなたは存在しても良い」という姿勢を一定の期間, 周囲からできるかどうかが回復のカギである。
  • 2.追い詰められる状況が必要  
    • ただサポートされるだけでは、「当たり前」と依存するだけになり、治療にはならない。